カネのボードゲーム日記・プレイ記

ボドゲが楽しい! ルール説明問題が革命起きれば或いは……

Lorenzo il magnifico(ロレンツォ・イル・マニーフィコ)

f:id:kanekazupapa:20180222205507j:plain

パッケージはロレンツォ・デ・メディチ、気難しそう。

レディース&ジェントルメン!
日曜日、教会のミサに参加していると
「俺もついに洗礼名を貰ったぜ!」
なんて話で盛り上がっている時に
「我家は教会への貢献が足りなくて教皇に破門されたよ」
どこの家でも、皆さんこういう経験ありますよね?
こんにちは、カネです!

第8回はロレンツォイルマニーフィコです。

どんな作品?

貴族になって、家族や召使いを駆使し、一族を繁栄させていくゲームです。
これだけでも想像出来そうな感じがしますね。
ルールは最後にして、さっそくプレイいってみましょう!

4人プレイ1回目

スタートプレイヤーは、折角サイコロ3つあるのでそれを振ってみる。私は3番手。
これは何からやったものか分からないなあ。
取り敢えず無料だから土地を貰っておこう。小さい数字のサイコロでも良いみたいだから、それを消費で。
次、カードを買おうとしたら全部先客が居るか。3金で後買いするのは損する気がするから、市場枠の召使い5でも貰っておこうかな。
なんか行ける場所少ない、空いてるところ探してみるけど、議会にでも置いておくかな。
こんな感じで何と無く進めていくと、破門されたり生産しても効果があがらず。
点数は全然伸びないで終了。難しいなあこれ。
バチカンさえなければ……ぉ。
f:id:kanekazupapa:20180429012441j:plain

4人プレイ4回目

流れはわかったし、何と無く強そうなカードも見えてきた。
今回は軍事と領土を捨てて、他に絞ってみよう。絶一門ってやつ。
順番は2番手。まずは市場で5金、お金は大事ね。それに必ず使うから。
人物、黄色の事業系生産でプラス修正くれる人、これを雇用しておこう。
資源を変換出来る事業系を購入、内容は取り敢えず何でもいいや。
余ったから議会に入って、信仰心をアップ。破門で手に入る物資が減るとか、即死級の辛さだからバチカンチェックはまず回避したい。

2ラウンド目。まず黄色事業系カード確保、金増えるようなのは使うからね。
さてここで信仰心どうするか。要らないけど即時効果で十字架マークの取っておかないと、か。仕方ない。
1手番無駄にした感覚が、けどそうしておかないと困るし。
紫が空いてるからそこへ侵入、最後に余った無色コマで議会特典2個って市場。2金と石/木かな。


第2世代。効果が派手になる、ここで本当に欲しい黄色事業を即確保。
そして1番手目当てで議会へ。1金と2金。今度の破門効果は市場が使えない、それはいいや。信仰心はついでに得るけど、援助はしない方向で。
初の事業生産! ようやく滑り出してきた感じになる。あれやこれやで1巡。
ペラペラめくって、事業購入で重ねる。売れ残っていたら3金余計に払って人物かな。
生産も行い、無色コマは……どうしよう、5ラウンド目で3番手、議会行っても好転しないし。召使い足して生産-3でも起動させるか?
金を減らして中途半端なカード仕入れるより、第3世代の競り合いに比重を置こう。
結果、破門される。バチカン上等!

取ったら事業生産1回、これは絶対確保。黄色×2で勝利点なる人物も効率いいね。
紫のは軍事ないから資源と金か、マッチするなら購入もいいかな。生産マスにも行きたい。ああ色々やりたい。
優先度高いのは事業生産1回だね。
そして生産にコマ置いて、生き残っていたら人物雇用か。紫のは条件きついから無理っぽい。
そんなこんなで大量生産が起爆して、領土勝利点は無くても結構点数いって1位なれた。
組み合わせが上手く行ったら凄く楽しいゲーム。一度躓くと再起不能な気もする。
その後何度かゲームしてて、私、破門されるの結構好きみたい(笑)
f:id:kanekazupapa:20180429012658j:plain

ルール抜粋

・各種塔には色付き家族駒をひとつしか置けない。
・特に制限が無い限り、召使いで達成値数字を追加できる。
・無色コマは自身の色付きコマと塔で共存可能。
下のは不明部分が公式では無いですが、多分こういうことだろうねと支持されているらしいものの翻訳です。
f:id:kanekazupapa:20180426105015j:plain

Splendor(宝石の煌めき)

f:id:kanekazupapa:20180407235704j:plain

何やら真剣に宝石細工をしている男のパッケージ。

レディース&ジェントルメン!
階段降りていていたら
何だかもう1段あると思って
「あっ」
って膝がカックンってなる、そんな季節がやってきましたね!
こんにちは、カネです!

ボードゲーム日記、第7回目はスプレンダーです。

どんな作品?

宝石の原石を集めて、より価値の高い宝石にしていくような、拡大再生産のゲーム。
ルール自体は簡単ですが、プレイヤーの流れで結構ああでもない、こうでもないとなる感じ。

4人プレイ1回目。

4人だと宝石が全部、3人だとマイナス2枚で、2人だとさらにマイナス1枚で4枚だけだそうな。
クズ宝石を集めて、買えるのをただただ都合よく買う。
繰り返す、繰り返す、繰り返す。
クズ宝石で束が出来る程価値が無い宝石を枚数揃えてみた。
お貴族様が見にやって来るらしい。
でも結局15点に満たずに枚数ばかりで終了。
これ、点数ついているやつ集めて行かないと足りないゲームや。
こいつらが貴族ズです。
f:id:kanekazupapa:20180407235759j:plain

4人プレイ4回目。

多分、貴族来るのに十分な宝石あれば過剰には要らない。
3枚、或いは4枚で良いかも。
それで意識して同じ色を取って、それでいてとった宝石でコスト軽減出来るようにしてみた。
負担が少ないのに直ぐに点数のびる。それでも4とか5の得点ある宝石1枚は要るっぽいな。
確保でゴールを定めて、上手い事宝石取れて終了!
プレイ時間が長くなりづらいので、もう1回! ってなりやすいタイプ、それでいて軽すぎない良作!
f:id:kanekazupapa:20180407235835j:plain

ルール抜粋

誰かが15点到達したら、全員が同じ手番回数出来るまで続ける。
ローカルルールかな? 手番が最後の人は宝石1個持って始めるみたいな。

Gaia Project(ガイアプロジェクト)

f:id:kanekazupapa:20180315204205j:plain

SFなパッケージ、宇宙船からお届けします!?

レディース&ジェントルメン!
大人になったら何になりたいって、将来の夢を学校で発表するとき
「プロの車乗る人になりたい!」
って、爽やかに宣言する子が
「あのスピーカーで音楽ならして走るやつ!」
それ……街宣車や。
こんな子、クラスに1人はいましたよね?
こんにちは、カネです!

第6回目はガイアプロジェクト、聞いたことがないですがやってみましょう!

3人プレイ1回目

個人ボードを渡される、駒が凄く沢山ある。色んなイラストもあちこちに、これは複雑そうな予感がする。
パーツが多いのはそれだけ種類があって、効果やら使い道があってルールが設定されてるわけで。
f:id:kanekazupapa:20180315204346j:plain
一番手でプレイ。
えーと……まずなにをしたら良いかが全く不明。ほんとどうすんのこれ?
まずは惑星を開発、入植したらいいのかな。
と、思っていたらお勧めしないらしい。んじゃ何したら?
まずは2影響力がある建物にバージョンアップするってのを推奨されたのでしてみる。
2鉱石3金で中くらいのビルみたいのに変身。すると小屋(採掘場?)が戻って来るって、そうなんだ。
今度こそ入植しようとしたら、青い研究値、知識、技術、なんかそんなのを使って技術革新!
定期収入で青の技術力が+1になる。4支払って+1、6ターンあるからプラスにはなるはずって考えでしかないけどね。
何をしたらいいのか、全然。

3ターン目!

惑星を繋げて同盟を結成! そうしたらチップもらうんだけど、何か資源になるようなのを選択かな。
勝利点を貰うのは後半にした方がいいだろうからね。
f:id:kanekazupapa:20180315204420j:plain
ここで開発をストップ、資源が全然ない。技術開発も上まで行って、最後のランクを残すのみ。
移動力あげよう、せめて2マスまでいけるように。
だって宇宙はこんなに広い。
左の方にある群れ、4ターン目あたりまでぽつんと一つだけだったから、分が悪いのね。

結果

終盤、実はもう11時手前、これ終わらないな……と懸念をもつ。もちろん昼間じゃなくて夜の方の11時ね?
共通ボードの情報がこちら、人気不人気がはっきりしている。
得点がボードの端っこにあるので注目、僅差です。チップ一枚とったら7点ですぐにトップなる感じで僅差です。
でも得点計算したことないから解らないし、なにより頭がボーっとしていて(ぉ
6ターン目、空いている惑星に小屋を全てちらして建てまくる、技術力をあげられるだけ上げて、全ての資源を使い切って終了。
f:id:kanekazupapa:20180315204456j:plain
得点に換算していく、基礎点、ガイア惑星入植ボーナス2位タイ、最大建設ボーナス1位タイ、共通ボードの開発得点40点で1位。
全部足したら……154点だったか、チュートリアルしてくれたからでしょう。それが高いか低いかは不明ですが、優勝させて頂きました。
これ、1回ゲームしてみないとまったく目の前真っ暗で、2回目以降のプレイからが遊べるって感じでしょうか。
なお、3人で4時間弱(説明込み)掛かったわけで、眠いです。
終ってみたら駒は多いけど、難しいルールはないかなって思えた。ただ細かい種別が多く、うなりながらのスタートになるだろうこと間違いなしですよ!